個人と組織を強くする
フィードバックに関する情報をお届け

1on1ミーティングで話すべきテーマとは?

・ 2020/12/17 更新 ・ TeamUp編集部

「1on1ミーティングを実施しているが、自分のやり方が合っているのだろうか」と不安なまま進めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、クラウド1on1ツール TeamUpを運営する私たちが、お客様へのヒアリングを行うなかでわかった「よく扱われているテーマ」を抜粋し、ご紹介したいと思います。

1on1ミーティングでよく扱われる4つのテーマ

1. 業務

まずは、業務の内容についてです。予想以上に時間がかかってしまっているタスクや組織上の障壁など、一人で考えるよりも上司と考えた方が素早く解決できる問題に関して聞き出せると良いでしょう

また、成果に対する自己認識と上司からの認識のすり合わせは丁寧に行います。1on1ミーティングは部下のパフォーマンスに対してフィードバックできる貴重な場です。組織として求めているパフォーマンスが出せているのか、よりよくするためにはどうしたら良いのか、などを一緒に考えるようにしましょう。

ただし、1on1ミーティングは進捗管理のための時間ではありません。細かい業務の話だけで終わってしまわないように、時間配分を気をつけましょう。

2. 体調

「1on1ミーティングが導入されて、体調に関して上司に話しやすくなったのでありがたいです」という声が複数出るくらい、体調に関して相談できる場は貴重なものです。「体調はどうですか?」「よく眠れていますか?」の一言だけでも構わないので、毎回聞くようにしましょう。

特に問題がなさそうであれば、深掘りする必要はありません。

3. プライベート

仕事とは関係ないトピックについて触れる難しさはありますが、部下それぞれのバックグラウンドを知ることで、よりその人に合った支援ができるようになります。部下が嬉しいと感じる瞬間や、悲しいと感じた経験を知ることで、部下にとっていきいきと仕事ができる環境をつくるヒントが見つかるかもしれません。また、直近抱えている仕事以外の問題や悩みに対して上司の理解があることは、部下にとって支えになる可能性があります。

ただし、本人が望まないうちは深く聞き出そうとする必要はありません。

4. キャリア

部下自身がどのようなキャリアを描いていきたいのか、聞いてみましょう。そのために必要なプロセスや本人が知らない選択肢を伝えられるかもしれません。

また、時には上司側から自身の話をすることも大切です。自分が今仕事に対して感じていることや、将来のキャリアについて考えていることを知ってもらう場にしても良いかもしれません。一つ上の役職者の視点を共有することができるはずです。

真正面から向き合う姿勢が大切

上でご紹介した4つのテーマそれぞれに、「問題解決」と「信頼関係構築」の側面があります。

それぞれのテーマで抱えている問題を解決することは、部下の成果を最大化させるためには、極めて重要な要素です。上司の経験や判断、フィードバックによって解決できる問題があれば、できる限り支援しましょう。

一方で、すべての問題を上司だけで解決できるわけではありません。組織上難しい場合もあれば、部下本人で越えなければいけない問題があったりもします。しかし、その場合であっても信頼関係の構築は可能です。無理に取り繕わず、支援できない理由を素直に伝えましょう。部下を理解しようとしている姿勢や、嘘をつかずに対応しようとする姿勢は、部下の上司に対する安心感につながり、それ自体が1on1ミーティングの効果の一つになるはずです。

部下一人ひとりの特性や上司自身の人柄、またその相性などによって、1on1の進め方は千差万別であり、唯一の正解があるものではありません。ぜひ、今回ご紹介した4つのテーマは、自分らしい1on1ミーティングの構築の参考としてご活用ください。

関連記事
1on1ツールとは?導入のメリットと注意点
2021/01/22
1on1ミーティングの効果は測定できるの?導入後の組織像を考える
2021/01/18
主体性のある社員を育てる2つの振る舞いとは?
2021/01/13
1on1ミーティングと評価面談の違いとは?
2020/12/17
1on1ミーティングを継続的に実施する必要性とは?具体的な理由からポイントまで
2020/07/14
「いいね!」を押して最新コンテンツを受け取る